エディターの準備をしよう!

はじめに

皆様、はじめまして。
プログラミングスクールADVANCEの福島です。

Scratchが小学校の授業にも導入されるようになり、Scratchでのゲームクリエイターが増えてきました。
そして、来年以降は中学校・高等学校でもプログラミングの授業を追加することが予定されています。

ということで、僕の担当回ではScratchより難しい、文字で作成する本格派プログラミングを担当させていただきますので、よろしくお願いしますね♪

今回の内容

さて、早速プログラミングしていきたいところではありますが、それにはエディターというものが重要になってきます。

なので、今回はエディターについてのお話をしておこうと思います。

エディターとは

エディターを簡単に説明すると、「プログラムを書くためのノート」です。
みなさんが想像しやすい例としては、PCに標準であるメモ帳ですね。
なので、メモ帳でプログラムを書くことも可能なのですが、もっと専門機能があるエディターも多数存在しています。

当校では「VSCode」と呼ばれるエディターを使用しますので、そのインストールと初期設定を説明しておきます。

「VSCode」のインストール

まずは、「VSCode」の公式ページに移動しましょう。
ページ内にある【今すぐダウンロード】をクリックすると、PCの種類を聞かれるので、自分が使用しているものを選択します。

ファイルをダウンロードし、ソフトの指示に従ってインストールしましょう。

日本語化

多くのエディターは標準言語が英語になっていることが多いので、まずは日本語にしておきましょう。
以下より手順を説明していきます。

  1. VSCodeを開き、左のメニュー項目から①で囲んだものと同じマークを選択
  2. ②の検索部に「Japanese Languege」と入力し、検索結果から同名のパッケージを選ぶ
  3. 【インストール】を押して、インストール
  4. 再起動

これで、日本語化が完了です。
このように、多くのエディターは便利な機能を追加できるようになっているので、いろいろなカスタマイズをしてみましょう!

というところで、今回はここまでにさせていただきます。

さいごに

今回はエディターのお話をさせていただきました。

当校の授業・ブログでは「VSCode」を使った説明をさせていただくことになりますので、インストールしておくと良いとわかりやすいと思います。
ただ、エディター1つで作業効率が変わりますので、自分好みのエディターを探してみてくださいね♪

ご覧いただきありがとうございました!

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細

また、解説ブログは随時更新!
更新日時は公式ホームページでご確認ください☆