Excelの基本を学ぼう!

はじめに

皆様、お疲れ様です。
プログラミングスクールADVANCEの福島です。

これからは中学校・高等学校でもプログラミングの授業を追加することが予定され、IT化が進んでいます。
つまり、これから大人になっていく皆様は「PCを使えて当たり前」という前提の中でお仕事をすることになります。

なので、当ブログでもお仕事で重要なOfficeソフト(Word・Excel・PowerPoint)の使い方について解説することにしました!

※当ブログでは「Microsoft 365(オンラインのOfficeサービス)」を用いてOfficeソフトの解説をしていきますが、基本的な操作や用語はソフトと共通ですので、ご安心ください。

今回の内容

今回は、Excelの基本について学びましょう

Excelとは

Microsoftから提供されている「表計算ソフト」で、主な使い方はデータの計算やグラフ・表の作成となります。
関数を使った高度な計算や見やすいデータの作成が可能で、仕事をするならおそらく誰もが1度は使うことになるであろう定番のソフトです。

基本的な用語

Excelは表計算ソフトなので、ページのデザインが表のようになっています。
この、表1つ1つを「セル」と言います。
また、横方向を「行」縦方向を「列」と言います。

上の画像で言えば、表の左側の「1,2,3,4,….」と並んでいる部分が行番号(1は1行目)で、表の上側の「A,B,C,D,….」と並んでいる部分が列番号(AはA列目)です。
セルを指す場合は「C列の6行目」といった感じで言います。

…と、簡単に説明してみましたが、慣れるまではかなりややこしいと思います。(笑)
というわけで、行列を操作する練習をしてみましょう!

練習してみよう!

それでは、行列を覚えるために操作してみましょう。

今回は、行列の挿入と削除の練習です。
メニューは右クリックで出しています。

※「Office2007」以前のバージョンではxlsxファイルを開けないので、拡張子をxlsにしてください。

さいごに

今回はExcelの基本についてお話をさせていただきました。
これからExcelを学んで、お仕事を効率化できるようになりましょう♪

それでは、ご覧いただきありがとうございました!

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細

また、解説ブログは随時更新!
更新日時は公式ホームページでご確認ください☆