セルに文字を入力してみよう!

はじめに

皆様、お疲れ様です。
プログラミングスクールADVANCEの福島です。

これからは中学校・高等学校でもプログラミングの授業を追加することが予定され、IT化が進んでいます。
つまり、これから大人になっていく皆様は「PCを使えて当たり前」という前提の中でお仕事をすることになります。

なので、当ブログでもお仕事で重要なOfficeソフト(Word・Excel・PowerPoint)の使い方について解説することにしました!

※当ブログでは「Microsoft 365(オンラインのOfficeサービス)」を用いてOfficeソフトの解説をしていきますが、基本的な操作や用語はソフトと共通ですので、ご安心ください。

※当ページに関係のある過去記事は以下の通りですので、先にご覧いただくことをお勧めします。
Excelの基本

今回の内容

今回は、セルに文字を入力してみましょう

文字を入力するには

セルに文字を入力するには、セルをクリック(またはダブルクリック)してから文字を入力します。
やっていることは「文字を入力したい場所を選んで入力する」というだけのことで、PCやスマートフォンでの文字入力と同じような感じですから簡単だと思います。(笑)

それに加え、セルを選択した状態で数式バーを編集することでも入力することができます

この2種類の入力方法は少し違う性質もあるのですが、今は気にせずやりやすい方で入力してもらって大丈夫です。

それでは、少し練習してみましょう。

練習してみよう!

それでは、実際に文字を入力してみましょう。

動画のように、各項目に自分の情報を入力してみましょう。

※「Office2007」以前のバージョンではxlsxファイルを開けないので、拡張子をxlsにしてください。

さいごに

今回はExcelでの文字入力についてお話をさせていただきました。
ちょっと簡単すぎたかな…?(笑)

それでは、ご覧いただきありがとうございました!

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細

また、解説ブログは随時更新!
更新日時は公式ホームページでご確認ください☆