罫線を引いてみよう!

はじめに

皆様、お疲れ様です。
プログラミングスクールADVANCEの福島です。

これからは中学校・高等学校でもプログラミングの授業を追加することが予定され、IT化が進んでいます。
つまり、これから大人になっていく皆様は「PCを使えて当たり前」という前提の中でお仕事をすることになります。

なので、当ブログでもお仕事で重要なOfficeソフト(Word・Excel・PowerPoint)の使い方について解説することにしました!

※当ブログでは「Microsoft 365(オンラインのOfficeサービス)」を用いてOfficeソフトの解説をしていきますが、基本的な操作や用語はソフトと共通ですので、ご安心ください。

※当ページに関係のある過去記事は以下の通りですので、先にご覧いただくことをお勧めします。
Excelの基本  

今回の内容

今回は、罫線を引いてみましょう

罫線とは

セルとセルの間に引くことのできる線のことです。
罫線を利用することにより、見栄えが良くわかりやすい表を作成することができます。
線の太さ・種類や色も変更できますので、よりわかりやすい表になるように心がけて使い分けましょう。

ただし注意点として、枠線という似た様なものがあります。
こちらは、Excelに常に薄い灰色で表示されている線のことです。

2つの線の違いは、印刷した時に表示されるかされないかです。
つまり、枠線というガイドの上に実線である罫線を引くというイメージになります。
この違いはしっかり覚えておきましょう。

練習してみよう!

それでは、実際に罫線を引いてみましょう。

動画のように、各項目に入力してみましょう。

※「Office2007」以前のバージョンではxlsxファイルを開けないので、拡張子をxlsにしてください。

さいごに

今回はExcelの罫線についてお話をさせていただきました。
表作成ソフトであるExcelでは頻繁に使うので、覚えておきましょう♪

それでは、ご覧いただきありがとうございました!

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細

また、解説ブログは随時更新!
更新日時は公式ホームページでご確認ください☆