乱数を使ってランダムな三択を作ろう!!

↓のリンクからスクラッチのファイルをダウンロードしてね

はじめに

こんにちは!

プログラミングスクールADVANCE落合です。

Scratchが小学校の授業にも導入されるようになり、Scratchでのゲームクリエイターが増えてきました。

ADVANCEではそんな人のScratchライフをサポートします☆

今回の内容

前回は乱数を使用してランダムな二択を作りましたね♪

今回は三択に挑戦しましょう!

三択の作り方が分かれば、四択、五択もマスターできちゃいます♪

また、確率の変え方なんかも理解できると思うので頑張って学習していきましょう♪

アイテム側のプログラム

今回は1から3までの乱数という設定にしています


乱数1ならy座標を100

そのあとに1から2までの乱数を使いましょう

乱数1ならy座標を50

乱数2ならy座標を0

こうすることによって1/3の確立を作ることができます



最初の1から3までの乱数を使うと1になる確率は1/3です

逆に1以外の数字になる確率は2/3ですね

2/3を引いた場合に1から2までの乱数を使ってあげましょう♪

式にして見てみると…2/3×1/2=1/3

算数の知識がかなり必要になってきましたね笑


これでランダムな三択を作ることができましたね♪

皆さんも乱数をうまく使って面白いギミックを作ってみよう!!!

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベントも開催しているので興味があればホームページをご覧くださいね☆