行動範囲を決めよう

↓のリンクからスクラッチのファイルをダウンロードしてね

こんにちは!

プログラミングスクールADVANCE落合です。

Scratchが小学校の授業にも導入されるようになり、Scratchでのゲームクリエイターが増えてきました。

ADVANCEではそんな人のScratchライフをサポートします☆

今回の内容

前回は移動とコスチュームを極めようを学びましたね

今回は行動範囲の制限の仕方を学んでいきましょう♪

キャラクターが画面外に行かないようにするプログラムを作っていきます

キャラ側のプログラム

キャラクターがどこまで移動できるようにするのかを決めましょう

y座標は130~-150までの範囲を動けるようにします

x座標は215~-215までの範囲を動けるようにします

そのあとは、決めた範囲より外に出た場合に移動方向と反対側にキャラクターを動かします

例:x座標を5ずつ変えているとき(右に5ずつ進む)時にx座標が215を超えた場合x座標を-5する(左に-5進ませる)

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細