変数でメッセージを管理しよう

↓のリンクからスクラッチのファイルをダウンロードしてね

こんにちは!

プログラミングスクールADVANCE落合です。

Scratchが小学校の授業にも導入されるようになり、Scratchでのゲームクリエイターが増えてきました。

ADVANCEではそんな人のScratchライフをサポートします☆

今回の内容

前回は4方向の当たり判定を作りました

今回は変数を使ったメッセージの管理を学んでいきます

例えば1面2面…とステージがずっと増える場合に使えるプログラムです。

ステージでギミックが増えるようなプログラムを組むときに便利に使えます。

キャラ側のプログラム

メッセージを送るの所に変数を入れるとループするプログラムの中で、別のメッセージを飛ばすことができます。

これを活用すればステージを増やすときにいちいちメッセージのプログラムを作る必要がなくなります

また、ギミックをメッセージで管理できるので後から見直すのが簡単になります♪

ステージ毎の管理は全てこのように分けて管理ができるので、見返しやすくなりますね♪

皆さんも変数とメッセージを組み合わせて管理しやすいプログラムを考えてみましょう♪

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細