まで待つを使って制御しよう

↓のリンクからスクラッチのファイルをダウンロードしてね

こんにちは!

プログラミングスクールADVANCE落合です。

Scratchが小学校の授業にも導入されるようになり、Scratchでのゲームクリエイターが増えてきました。

ADVANCEではそんな人のScratchライフをサポートします☆

今回の内容

今回は【○○まで待つ】というコードの使い方を学んでいきましょう

これを上手く使えば簡単に複雑な動きを作ることができます。

【○○まで待つ】をマスターして表現の幅を身に着けよう!

動く壁のプログラム

今回は【リスト】×【○○まで待つ】の組み合わせです

鍵のスプライトキャラが触れた時キーがリストに追加されるようにしています。

キーがリストに含まれた瞬間【○○まで待つ】で止めていたプログラムが動作して壁が動く仕組みです。

ADVANCEでは

ゲーム制作をメインとして小学生・中学生・高校生に向けてのプログラミング教室を運営しております。

無料のイベント(アクティビティ)も開催しているのでご覧くださいね☆

↓↓↓

アクティビティ詳細